埼玉県民はやっぱりコスパ最高の県民共済住宅!

仕様選定

華音です。

アキュラホームを辞めるとなったら次へ行動!!

前から気になっていた県民共済住宅へ少し前に行って見積貰いました!

もうほとんど決まりかな!(アキュラ解約次第、契約予定)

そんな気になっている県民共済住宅は以前から小出しにしていますが私自身の住宅の記録を含めてまとめました。

単価改定が2022.8より施行されますので、それについても補足してあります。(2022.4.7追記)

コストパフォーマンス良し

旧価格
2022.8以降

ローコスト中のローコスト。

アキュラは坪単価計算すると50万くらいだったので、35坪でも税込み

  • アキュラホーム: 35坪【1,750万】
  • 県民共済住宅 : 35坪【1,224万】※ウッドショック費用は省いた旧価格

同じ坪数でも500万円以上の差がつきます。

アキュラホームも決して高すぎるわけではありませんが差は歴然。

 

2022.8以降は旧価格と比べると、ウッドショックの影響で旧坪単価+3万(税抜)だったので、実質1.5万円の値上がりと仕様変更です。

必要最低限な照明とお風呂は1.5と1.25がどちらでも標準で選べます。トイレももちろん2カ所。

もう他で建てる理由がありませんね(笑)

 

県民共済住宅の特徴は、坪単価に比べて標準装備がハイグレード!

ハイグレード設備が標準の理由は大量一括購入をしていることに加えて、営業・宣伝行為は行っていないにも関わらず県内トップクラスの受注(年1500棟以上)

安定的な受注があることによって通常よりも安く、非営利団体の為定価よりかなり安く導入することができます。

新 選べる標準

2022.8までの契約ではエアコンか制振ダンパーが選べますが、8月以降はカップボードを追加した4つの中から選べるようになるみたいですね。

 

ALC外壁がいい方は、8月までの契約がオススメかもしれません。

 

安いだけかと思いきや、、、

ということで住むにも問題無し!!

ダサい?なんて思いますが、それは施主次第。設計士のアドバイスはほぼ無し。

工期が通常ハウスメーカーよりかかるのは承知!!

2022.8以降の新仕様では9つの項目で最高等級を取得。ZEHレベルも標準でクリアです。

キッチン

キッチンは、

  1. リクシル
  2. クリナップ
  3. タカラスタンダード
  4. ウッドワン

各社から選べます。

例えばリクシルだったら、システムキッチン最高グレードの【リシェルSI】が標準!

私達は、これのペニンシュラが良いなあ。と考えてます。(オプション)

大体100万~くらいはかかります。

 

華音嫁「このキッチンにできないなら注文住宅の意味がない」

それくらい重要視!!

この項目は以前投稿記事と被るので割愛。

 

追記:最終的にはタカラスタンダードのペニンシュラにして、オプションは+30万くらいでした。

吹き抜け

オプションで(税抜き 113,000円/坪)つけられるので良し!※現在は価格変更されています。

最近の家は断熱性能高いので吹き抜けでも大丈夫!!

だと思って採用します!

吹き抜けについて、詳しくはこちらのブログを確認してください。

まとめ

基本的に上記ふたつが叶えばどこで建ててもいい!

というのが正直なところ!

照明等は施主支給できて好きなものをつけられるし、安く済む。

 

一般的な家(平屋・2、3階建)なら県民共済住宅以外で建てる理由はありません。

スキップフロアとかはできないみたいだけど、全然関係なし!

そんな感じで、値引き交渉もしなくて済むこちらで家を建てようという方向へ。

 

1.25のお風呂に入りたい!!

 

最後に気になる新仕様の標準品を掲載します。

トリプルサッシ

好きな階の引き違い窓がトリプルサッシになります。

8月以前はオプションでも選べなかったのでここはプラスポイントですね!

 

玄関はリモコン付きで各種、オプションで色違いや引き戸にも変更可能。

旧仕様と比べると、採光が取れるスリット付き玄関扉は無しになっています。

その他いろいろなものが標準です。

玄関手摺りも標準なのは気が利くなぁと個人的に高評価です。オプションでも安価で色々なところにつけられます。

 

実際の家の写真はココから飛べますのでご参考に!

 

ハウスメーカーを選び終えて、選び方について実際に感じたこと・個人的な考えを書いたので良かったらご覧ください。ちょっとフランクな趣味全開のブログになる予定です。

埼玉県のローコストハウスメーカー選び方を簡潔にまとめた

というテーマで書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました